食の安全・安心について

シマナカは社員全員が「家族にたべさせたい」と思えるような商品づくりを目指して、⾷の安全・安心への取り組みを重ねています。

開発部

開発部では市場調査やお客様の声、ニーズをもとに原料の選定から味の開発、レシピの作成、製法の検討、工場での製造テストを行っております。
そして食の安心・安全性を確認し、品質の安定した商品の供給のために分析を行った上で商品を提案しております。

工場内

 

工場での作業者は入室前に、体調や傷等、装飾物等のチェックを行います。
入室時には、作業着・ヘアバンド・帽⼦・マスクを着⽤し、エアシャワーで除塵を行い、⼿洗いをします。
また、異物混入を防ぐためホチキスの針やクリップ、アクセサリーやシャープペンシル、輪ゴムなどの持ち込みを禁止しております。
出荷する商品には目視での異物の検品とX線検出機での金属やプラスティックなどの硬質物質を検出をしております。
そして製造工程のチェックと現場の安全を確認するため「監視カメラ」導入し、従業員と製品の安全性を高めています。

品質管理室

 

安全な製品を提供するために、ロットごとに微生物検査及び官能検査を行っています。
また、原材料の産地の確認やラベル表示を正しく行うことにより、お客様に正しい情報を提供できるように製品の情報を管理しています。
工場に対しては、定期的な製造工程のチェックや工場環境のチェックを行っています。
万が一、不良品が発生した場合、発生原因を追究し改善策を工場と共に考え対策し、改善対策が継続して行われているかを確認することにより再発防止に努めています。
お客様に対しては、ご要望に応じて原因や改善対策をお伝えしています。